完山金属の産業廃棄物|産業廃棄物・一般廃棄物・粗大ごみの処理、資源のリサイクル、解体、フロン回収、特殊清掃など環境保全に関する全ての業務は当社に相談ください。

産業廃棄物

HOME >> 産業廃棄物

産業廃棄物処理

当社では、お客様の立場になり廃棄物の出し方、保管容器の貸し出し、収集運搬、方法提案、廃棄物のリサイクルを中心とした処理の確立を行い、廃棄物の適正処理と処理料のコストダウンをトータル的にご提案しています。
搬出業者様に限らず、廃棄物の流れが明確になるように、担当者からのご説明及び処理施設の見学等を常に行っております。

廃棄物の流れ

・お客様自身が当社処理工場へ
 搬入。
・弊社以外の収集運搬業者が当
 社処理工場へ搬入。
・弊社車両がお客様の依頼で当
 社処理工場へ運搬。

収集運搬

完山金属では地域により異なりますが以下の一般廃棄物を収集し運搬することが出来ます。

取扱いの種類

燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類(石綿含有を含む)、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、金属くず、ガラス・コンクリート陶磁器くず(石綿含有を含む)、鉱さい、がれき類(石綿含有を含む)、特別管理産業廃棄物 廃油、廃酸、廃アルカリ、特定有害産業廃棄物(廃石綿等、金属等を含む廃棄物)

取扱いの種類

・東京都(特管、保管積替を含む)
・神奈川県(相模原市、横浜市、横須賀市、川崎市を含む)
・埼玉県(さいたま市、川越市を含む)
・千葉県(千葉市、船橋市を含む)
・山梨県
・群馬県(特管を含む)
・栃木県
・茨城県
・静岡県

取扱いの種類

・廃棄物の種類に応じた車両を用意します。
・重量物でも大丈夫。クレーン付車両、パワーゲート付車両があります。
・廃棄物置き場を作らなくても大丈夫。必要なコンテナを用意します。
・階上や地下等に置かれたゴミも大丈夫。作業員を用意します。
・早朝、深夜の手配も大丈夫です。

廃棄物処理について

はじめに、完山金属では自社の産業廃棄物中間処理工場を明治の森国定公園「高尾山」の近くで操業しています。
工場操業にあたり地域の方々との約束や環境への配慮には万全な設備と体制で行っています。
弊社は環境配慮への取り組みを行っている会社の立場から、自ら行う事業に対して決して環境破壊を起こさないことを第一の目標にしています。

完山金属はもともとは金属、古紙等の再生資源を中心に企業活動を行ってきました。
資源のリサイクルに関してはプロであると確信しています。

いかに廃棄物から有価物を選別し、残渣物を適正に処理をするかを追求した工場です。

また、誰でもが気軽に工場見学が出来るように努めています。
[隠し事がない、透明な処理の流れ][リサイクルを追求した処理]を徹底しています。

廃棄物処理フロー図
安全対策
粉塵対策
粉塵ミスト 開閉式テント
工場内全体にミストを設置。
インターバルでミストを噴射し、粉塵量に応じて時間と量のちょうせいができます。また、夏場は工場内温度を3~5度下げ、快適空間を作ります。
屋外に粉塵が流出しないように、工場上部には開閉可能なシートが全体に設けています。
防音対策 汚水対策
遮音シート 溜めますとオイルトラップ
出入り口に鉛入りの遮音シートを設けている。車両の出入り以外は常に2重に閉じられています。
上部には、開閉シートがあり音の流出を防ぎます。
工場内の汚水は一ヵ所に流出し、溜めますにてゴミを除去し、オイルトラップで油類を除去し、排水します。
基本的には開閉シートを締めるため汚水の心配はありません。

アスベスト含有建材について

再生採石の敷きならし現場からアスベストを含むスレート片が見つかったという新聞報道があり、東京都の指導のもとアスベスト含有建材の持ち込み防止を当工場でも行っています。 アスベストを含むスレート材等は、破砕を禁止されていることから、破砕施設へのスレート等の持ち込み防止の徹底をはかる必要があります。 このため、弊社では掲示板やチラシ等で持ち込み禁止をお願いしています。

ページトップ
Copyright © 2013 産業廃棄物・一般廃棄物・粗大ごみの処理、資源のリサイクル、解体、フロン回収、特殊清掃など環境保全に関する全ての業務は東京都八王子市の完山金属 All rights reserved.