完山金属のフロンガス回収|産業廃棄物・一般廃棄物・粗大ごみの処理、資源のリサイクル、解体、フロン回収、特殊清掃など環境保全に関する全ての業務は当社に相談ください。

フロンガス回収

HOME >> フロンガス回収

フロンガス(冷媒)回収

業務内容

  • 冷凍・冷蔵庫や業務用冷凍空調機からフロン類を回収します
  • 回収したフロンを処理業者に確実に引き渡します
  • 回収後の機器類も処分いたします
  • 空調機及び冷媒装置類は高価買い取りいたします

平成19年10月からフロン回収破壊法が改正され、全ての冷媒機器からフロン類を大気中に放出する事が禁止されました。
当社ではこの法律を遵守するべく、回収機械の購入、技術者の育成に取りかかりました。

フロン回収・破壊法とは

オゾン層を守り、地球温暖化を防止するには、ビル空調、食品のショーケースや業務用の冷凍・冷蔵庫、冷凍倉庫などの業務用冷凍空調機器から、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロン類(クロロフルオロカーボン(CFC)、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)、ハイドロフルオロカーボン(HFC))を適切に回収することが必要です。
このため、「特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する法律の(フロン回収・破壊法)」が平成19年10月に改正されたところです。

この法律では、フロン類の適正な回収・破壊によるフロン類の大気中への放出を抑制するため、業務用冷凍空調機器に冷媒として使用されているクロロフルオロカーボン(CFC)、ハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)、ハイドロフルオロカーボン(HFC)の3種類のフロン類を対象とし、フロン類を大気中にみだりに放出することの禁止、機器の廃棄の際のフロン類の回収・破壊を義務づけ、機器廃棄時の行程管理制度(フロン類の引渡し等を書面で捕捉する制度)の導入、機器整備時の回収義務の明確化等の措置が講じられています。

第一種フロン類回収業者登録

東京都、神奈川県、埼玉県において登録を行っています。

東京都

1.登録の年月日 平成19年8月9日
2.登録番号 13102844
3.登録有効年月日 平成29年8月8日
4.事業所所在地 東京都町田市相原町4911番
5.事業所名称 株式会社完山金属 町田営業所

神奈川県

1.登録の年月日 平成19年8月10日
2.登録番号 神(気水)第1-1439号
3.登録有効年月日 平成29年8月9日

埼玉県

1.登録の年月日 平成24年9月4日
2.登録番号 第191360617号
3.登録有効年月日 平成29年9月3日

フロン回収装置

インペリアル BBK オイルレスフルオロカーボン回収装置 CR-700J 2台保有しています。

回収能力

冷媒の種類 気体(g/分) 液体(g/分) プッシュプル(g/分)
R-12 200 3,850 5,000
R-22 250 4,000 5,700
R-502 250 4,000 5,500
R-134a 200 3,850 5,300
R-410A 280 4,300 6,000
R-407C 250 4,000 5,600

フロン回収工程管理票

改正法により、廃棄する業務用冷凍空調機器からのフロン回収には、行程管理票の交付が義務づけられました。
当社ではお客様に代わり、工程管理票をご用意しています。

※画像をクリックで大きく表示されます。


ページトップ
Copyright © 2013 産業廃棄物・一般廃棄物・粗大ごみの処理、資源のリサイクル、解体、フロン回収、特殊清掃など環境保全に関する全ての業務は東京都八王子市の完山金属 All rights reserved.